喫茶去 -Kissa.Co-

飲む、買う、鬱、なアラフォー女の日常。ご笑覧ください。

40歳になって初めてTOEICを受けることにした話。

40歳になって、初TOEIC

なんでそんな無謀な、
一見無駄なことをしようとしてるのか。

あ、その話をする前に、酒の話をするね。


大人になった時から、
ずっとずっと飲み続けている酒。

酒を飲まないと辛さで夜に“持って行かれる”からね。

でも、辛さを忘れているはずの時間は記憶になく、
次に目覚めた時には、
また昨日の辛さがしれっと心に残っている。

何も解決していないのに、
時間はその分しっかりと計上されているから、
老いだけがしっかり手元に残ってる。

でも、今日も明日も、
これから先の人生ずっとずっと、
やっぱり酒はやめないのだろう。

って、そんなの地獄過ぎるじゃないの。


この依存を今後の人生から排除出来たら、
ひとつだけ楽になるんじゃないか、
と思ったのです。

で、まずは一日だけ、
飲まない夜を過ごしてみた。

いつ振りだか忘れたけど、
酒のない夜は、学生の時に戻ったような、
苦々しい(そして生々しい)時間に感じられ云々

まあ率直に言うと、
すっごい夜が長かったんです。
酒がないから。

これがリアルか!人生長え!
と愕然とし、そして、英語を勉強することにしたのでした。


せっかく勉強するからね。
ま、何か指標が欲しいなあと。

それで、タイトルの通り、40歳初TOEIC受験となるわけです。

30歳代でTOEICに挑戦してる人はちらほら見かけるんだけど、
40歳にもなって初挑戦な人はめったに見ないので、
ちょっと書いてみました。

めざすは……まあ、500点とかかなあ?

なんてったって20年ぶりの英語だからな。

結果、こうご期待!