喫茶去 -Kissa.Co-

飲む、買う、鬱、なアラフォー女の日常。ご笑覧ください。

若さ、若さってなんだ

振り向かないこと、ではないです。


若さとは、「感動できること」なんじゃないかと最近思ってる。
言い方変えると「好きになるハードルが低い」とか。

よくジジババが昔の方がよかったっていうのとか、
10代で聴いてた音楽を超えるものに出会えないっていうのが、
それに紐づいてるって感じだろうか。

とにかく、心に影響を受けることができる。
それがWAKASA。


私は40代になってしまったけれど、
幸か不幸かまだ新しいものに興味深々だし、
流行ってるものを見て面白い!と思えてたりしているので、
今後もその意欲を失わないために、
あと新しい感覚を養うためにも、
大好きだった漫画をまた読み始めようと思った。

なぜ漫画?

それは、昔も今も変わらず大好きなものだから。
(理由はとてもシンプル)


そんなわけで、最近読んで面白かった漫画。

 

 「不機嫌なモノノケ庵」ワザキワリ

現在(2019年2月)アニメの2期放送もやっているらしい。

主人公の持つ特別な能力。(この漫画の場合は妖怪が見える)
王道だけど、それだけで漫画にのめりこむ価値は十分にあるのだ。

内容を端的に言えば「妖怪バスターズ」なんだろうけど、
妖怪をやっつける話ではなく、助けてあげる話、という感じ。
人間の世界(現世・うつしよ)と、妖怪の世界(隠世・かくりよ)を
行き来できる物怪庵の主と、奉公人のハートフルコメディ……??

この漫画には、さらに腐女子が好みそうな要素が
ふんだんにちりばめられているんだけど、
かといって一般人もすんなり読めるほのぼの感が漂っているので、
誰彼構わずおすすめできる作品だと思う。

とか言いつつ、ハルイツキが主人公に頭下げたシーンでは、
「ぶほぉそう来ましたか!これは予想外でいいですぞぉ~」的に
ニヤニヤしてしまったことをここに反省の弁として述べておきます。
あと私は腐女子ではないです。

読んだ漫画の備忘録にするとともに、
今年はAmazonとか楽天のリンクも覚えていこう。。。